カテゴリ:イタリア旅行記( 5 )

スイスはすっかり涼しくなりました。暑かった日が遠い昔のよう。
母と姪っ子と一緒に過ごした楽しい日々も、随分前のことに思え、寂しくなります。。。

さて、ヴェネツィア旅行の続き。
この旅行で、さらに仲良くなった姪っ子と娘っ子。
d0233283_4434144.jpg

鏡の前で、何やら楽しそうに遊んでます。
姪っ子には、娘と18日違いの弟くんがいるし、遊び方がとても上手。
d0233283_4433090.jpg

ホテルをチェックアウト後、周辺を散歩。
d0233283_4452595.jpg

あれ?この建物、見覚えが・・・やっぱり!
10年以上前に友達と泊まったホテルでした。
その時に夕食を食べた小さなレストランも発見。今も変わらず営業中。
何年たっても変わらないヴェネツィア。
d0233283_4484383.jpg

飛行機の時間までは、ホテルのロビーでまったり。
あ、娘は、まったりしてませんでした・・・
d0233283_4454135.jpg

ジンボリーの太鼓の練習してました、熱心やねー。
d0233283_4504012.jpg

ホテルのレストランで、ティラミスを食べる姪っ子。
好き嫌いがなく、何でも美味しそうに食べてくれる姪っ子なので、作り甲斐があります・・・
なーんてね、今回の滞在で、私は2回位しか料理しなかったけど(汗)
d0233283_4443894.jpg

あー、楽しかったね、イタリア旅行。
空港に着いたら、私たちの真似をしてスーツケースを押す娘。
d0233283_4444824.jpg

そして、ワンちゃんを見つけて、大喜び。

今回、母と姪っ子が来てくれたことで、話す言葉が一気に増えた娘っこ。
私と二人きりの時でも、もっと話しかけてあげないとね。
[PR]
ヴェネツィア滞在2日めも快晴、日差しが強烈。
この炎天下、歩くのはちょっとキツイ。
サン・マルコ広場までは、水上タクシーで移動することに。
d0233283_6145536.jpg

混み合ってましたわ~。
うっかり遠回りコースに乗ってしまい、時間がかかりましたわ~。
d0233283_6151357.jpg

見えてきました、サン・マルコ広場。
到着後、すぐさまレストランへ。
暑くて暑くて、一刻も早く涼みたかった私たち。
人気のオープンテラスではなく、
冷房の効いた屋内のテーブルに座らせて頂き。。。
d0233283_616071.jpg

ウェイターさんと記念撮影。とっても陽気で親切な方でした。
肝心なお味はというと・・・
d0233283_6161123.jpg

私と姪っ子の表情からは、分かりづらいかもしれませんが、
このレストラン、とっても美味しかった!
食べることに集中しすぎて、私たち、無の表情です。
d0233283_6162267.jpg

特にみんなで大絶賛したのが、このリゾット。
d0233283_6171153.jpg

美味しい昼食のあとは、サン・マルコ広場周辺を散策。
d0233283_6172621.jpg

小さな路地裏には、可愛いヴェネツィアン・グラスや仮面のお店。
d0233283_6231858.jpg

小運河に架かる、溜め息の橋。
かつて裁判所と牢獄を結ぶ役割をしていたもので、
橋をわたりながら囚人が溜め息をもらしたことから、この名前が付いたんだそう。

この頃、娘の眠気がピーク。
d0233283_6233325.jpg

そして、すぐ寝た。
夜もこんな風にすんなり寝てくれたら、どんなに楽か・・・
d0233283_6174431.jpg

サン・マルコ広場にも大勢の人。
d0233283_6175864.jpg

娘も寝たことだし、ここからホテルまでは日陰を選びつつ歩いて帰ることに。
d0233283_6182937.jpg

リアルト橋。ここから眺める景色、美しい。
d0233283_6184272.jpg

リアルト橋の両脇にはたくさんのお土産屋さんが並んでいて、
どこも魅力的だったけど、見てるヒマはなし。
橋を渡るため、娘が乗ってるストローラーを4人で担いで、わっしょい、わっしょい!
これは、かなりの注目を浴びました。
d0233283_619018.jpg

その後、二つ目くらいの小運河の橋を渡る頃に娘が起きて、みんなでハイ、チーズ。
d0233283_621231.jpg

娘が大好きなバイオリンの演奏も聞けました。

それにしても、この日のランチに食べたリゾット、パスタ、すべて美味しかった。
そのためだけに、今から飛行機に乗ってヴェネツィアに飛んでいきたいくらいです。
[PR]
2泊3日旅行の行き先は、イタリアのヴェネツィア。
飛行時間は1時間ほどで、あっという間に到着。
空港からホテルまでは水上タクシーで移動。
運河に入るまでは、ものすごいスピードで揺れる、揺れる!
d0233283_20232083.jpg

絶叫系アトラクション何でも来いの母と姪っ子、ボートが動く前は笑顔だったけど、
揺れてる時はさすがに苦笑い。
d0233283_20234327.jpg

何でも怖がる娘は、ご覧のとおり半べそ状態。
私もめっちゃ怖かった。この水上タクシーこそ、シートベルトが必要だと思います。
d0233283_20241394.jpg

運河に入ると、ヴェネツィアの色鮮やかな景色が広がり、水上タクシーも悪くないなと思った瞬間。
水上タクシーに乗ったので、ゴンドラは乗らなくて良いんじゃない?とみんなの意見が一致。

あ、10年以上も前になるけど、友達とここに遊びに来たとき、
サッカー名波選手の試合を観るから、ゴンドラはやめとこうと決めたことを思い出したわ(笑)

d0233283_20242820.jpg

ホテルは、コネクティングルームに変更できたので、
みんなで広い部屋に宿泊。娘、大はしゃぎ。
d0233283_20244249.jpg

ホテルロビーでピアノの生演奏を聴いた後、夕暮れのヴェネツィアをお散歩。
d0233283_20245949.jpg

すれ違う人々に注目されつつ・・・
d0233283_9264824.jpg

踊りながら歩いてるから、注目されるのは当然。
d0233283_20251447.jpg

迷路のような小径が交差、迷子になるのもこれまた楽しい。
d0233283_20252714.jpg

ジェラート美味しかった~。
d0233283_20254330.jpg

夕食は、姪っ子がピザマルゲリータ、母はヴォンゴレパスタをチョイス、二人とも大正解。
d0233283_2025593.jpg

私が頼んだのは、カルボナーラ。。。これが、何だかふつーの味でがっかり(涙)
明日は、美味しいカルボナーラに出合えますように、と願いながらホテルに戻りました。

続く。
[PR]
2泊3日のミラノ旅行、娘っこも楽しんでくれたかな。
d0233283_541461.jpg

イタリアンレストランでだされたパンを、美味しそうに食べる娘(量は小鳥のえさ程度)
d0233283_542412.jpg

日本食レストラン「大阪」にて。
得意げにメニューをペラペラめくる娘。
メガネのお兄さんとすし職人のおじさんをがん見。
イタリア人のお客さんには「ね~」と、ご挨拶。
d0233283_5421693.jpg

ランチを食べた日本食屋さんでは、お箸の持ち方がいっちょまえ。
水槽の魚には怖がってた。

今回のミラノ旅行で、パパとの距離もさらに縮まり、仲良くなった感じ。パパ、良かったね。

私たちの住んでいる場所からミラノは、車で3時間40分、
17キロのトンネルを走り、アルプスを越えていきます。
車での長旅は今回が初めてだったけど、
車の中では、確実に寝てくれる娘なので、すごく楽だった。
行きも帰りも、3時間は寝てたと思う。

ミラノでのショッピングのほか、国境近くのアウトレットにも行き、
私自身が一番リフレッシュできた旅でした。
[PR]
ミラノに行ってきました。
ドバイ旅行記の続きが残っているけど、先にミラノでの思い出を書きます。
d0233283_3485660.jpg

快晴の空、巨大なDuomoの前には、大勢の人と鳩。
d0233283_3491639.jpg

日中の気温は7、8度と、それほど苦にならない寒さ。
最近ストローラーに乗りたがらなくなった娘、仕方なく抱っこ紐でお出かけ。
この方が私も娘もあたたかいし、ま、いっか。
d0233283_355025.jpg

牛の上で、かかとで1回転すると願いがかなうという言い伝えがあるそうで、
ちょっとした人だかり。私は娘を抱っこしてるし、やめとくか・・・。
d0233283_3552338.jpg

いや!やる!
d0233283_3552833.jpg

よいしょっと!願いがかないますように。
d0233283_355485.jpg

プラダ本店では、ポシェット購入。
なぜか、紙袋を放さない娘。
d0233283_3555457.jpg

ホテルに戻ったら、縄跳びになってしまった。

返してくれー。
[PR]