<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今月24日で無事に7か月をむかえました。

かなり前から、大人が食べているところを、
ヨダレだらだら、恨めしそうに見ている娘。

スイスに戻ってきて落ち着いたら、
離乳食をはじめようと思っていて、
きりのいい7か月でスタートすることに。
d0233283_23472656.jpg

何だか妙に身構える娘。。。準備はOK?
d0233283_23474198.jpg

ママ、これ何?美味しい?信じるよ。
d0233283_23481792.jpg

パクッ
d0233283_2348024.jpg

ちょっとー、味がないじゃん。
ママのうそつき。

10倍粥をぱくっと食べてくれた時は、
ものすごく感動して号泣してしまいました。
本人はもっと美味しいものくれーって感じだろうけど。

離乳食一日目、無事に終了。
[PR]
夕方からお出かけ、まずはショッピング。
妊婦の時、よく行った場所、娘と一緒だとこれまた新鮮。
d0233283_2124220.jpg

ストローラーの中で、良い子してるかな?
d0233283_2125754.jpg

あら、なんか不機嫌?眠い?
ショッピング中、一言も発することなく、おとなしくしてる娘。
そして、いつの間にか寝てた。

外でぐずったらどうしようと、外出するのを躊躇してたけど、
意外に良い子にしてることが判明。
これからはもっとでかけることにしよう。
d0233283_2131424.jpg

ショッピングのあとは、夕食。
ドイツ語のメニューを真剣に見てる風な娘。
d0233283_21330100.jpg

3家族が集まって、とっても楽しいディナータイムでした。
夜8時、9時でも、こんなに明るい。
d0233283_2171788.jpg

妊娠中は、わからなかったスイス料理の美味しさ、
今回食べたこの料理も、とっても美味しかったです。
食べず嫌いは良くないね。
[PR]
7か月になって、始めたこと。
d0233283_2040431.jpg

腕立て伏せをして固まるのポーズ。
d0233283_2041376.jpg

ほいっ!
d0233283_2041151.jpg

ママのお友達にも見せてあげよっか?
d0233283_20413040.jpg

ほらよっと!

これが、ハイハイにつながるかは不明。

私も赤ちゃんのとき、このポーズよくやってたみたい。
で、ハイハイはせず、10か月になって急に立ったらしい。
娘も私と同じ道をたどるのか?
[PR]
月曜日の昼下がり、お友達に会いに行ってきました。
トラム何駅か乗るだけのご近所さんなのに、ドキドキ。
なんてったって、娘と二人だけの外出、今回が初めてなもんで。
(もうすぐ7か月になろうかというのに、どんだけ。。。)
d0233283_2033211.jpg

早々と買っていたストローラーに乗るのも初。
娘の不安げな表情。
d0233283_20331846.jpg

日除けカバーにすっぽり覆われ、せっかくのbugabooも何が何だか。

トラムに乗るときは、若いおねえさんが、
ストローラーを持ち上げて、乗車するのを助けてくれた。
ありがとうと言いたいのに、Dankeが咄嗟に出てこなかった!
あんなに連発してたのに。。。
ドイツ語の勉強、再開できる日はいつ???
d0233283_20341535.jpg

待ち合わせの場所に到着。
娘、ほっとした表情?気疲れの表情?

お友達ファミリーと再会。
大きくなったね~こんがり日焼けは、クルージング焼け!カッコイイねえ!
d0233283_2034775.jpg

仕事帰りに、Mちゃんも寄ってくれて会えて嬉しかったな♪

帰りのトラムでも、ストローラーの乗り降りを手伝ってもらい、
何とか無事に帰宅。
娘、お疲れさん。
[PR]
日本にいる時、なかなか昼夜逆転がなおらなかった娘。
深夜2時に寝てくれたら良い方、朝7時になってやっと寝てくれる日も。
「あぁ、またきょうも夜が明けるよー、娘、寝てくれ~~~」
そんな日々が続いていた。

スイスと日本は、時差7時間だから、
スイスに戻れば、昼夜逆転が解消するんじゃ?
と、まあ、ほとんど期待せずにいたんだけど・・・

これが、もうばっちり!

夜10時半くらいには寝てくれるようになった。
どうか、このまま、時差ボケがなおりませんように・・・
今度、日本に帰った時、また夜型人間に戻ってしまうのか?
まあ、先走って心配しないでおこう。

寝るべき時間に寝られる幸せ。あー幸せ。
d0233283_651950.jpg

まるで、経済新聞を読んでるかのような真剣なまなざし。
d0233283_665723.jpg

おもちゃの携帯で遊ぶ娘。
本当は、大人の携帯がほしくてたまらない。
[PR]
d0233283_333672.jpg

早朝の便で、広島空港を出発。
機内で食べられるようにと、
母が徹夜でおにぎりやちらしずしを作って持たせてくれた。
d0233283_3331713.jpg

手荷物検査のゲートを通った後、
ガラス越しにバイバイ。
直接、手を触れらなくて、娘、泣く。私も母も、みんな泣く。
d0233283_3332935.jpg

広島から成田の便、娘はずーと寝ててくれて、
私は母が作ってくれたおにぎりを泣きながら食べた。

成田→スイス、飛行時間はおよそ12時間。
娘は、地上とほぼ変わらず、寝る時は寝る、寝ないときは寝ない。
d0233283_3411281.jpg

シートをフラットにして、添い寝してみたり。
CAさんや他の乗客の方も、抱っこしてくれたりして、
ギャン泣きすることなく無事に到着。
d0233283_3334175.jpg

季節は巡るもんですねー。
スイスに降り立ったときの、空気の清々しさったら!
5か月前、スイスを離れたときは極寒だったのに、
日も長いし、良い季節に戻ってこれて良かった。
d0233283_3335236.jpg

車の中で、娘、あっという間にネンネ。
長旅、お疲れさま。
[PR]
梅雨明け直後の猛暑、体がフラフラになりそうです。
日本が夏本番をむかえた今、私たちはスイスに帰ります。
d0233283_2314934.jpg

こんなに長く実家で過ごすことができて本当に幸せだったな。
甘えさせてくれたお父さんとお母さん、ありがとう。
おかげで、娘っこ、元気に育ってくれてます。

娘が生まれ、自分自身が親になったことで、
子育てって本当に大変なんだと実感。
私を産んでくれたこと、深い愛情で育ててくれたこと、
あらためて父と母に感謝です。

長く一緒にいた分、
今は大学進学で実家を離れたときよりも、お嫁に行くときよりも、
辛くて悲しくて心細い。

でも、娘の笑顔が消えてしまわないよう、
甘ったれの自分に喝を入れつつ、頑張らねば!
d0233283_23141589.jpg

ね!娘っこ!一緒にガンバろ!
スイスのお友達に会えるねー☆
[PR]
2日前の7月11日、娘の口の中を見てみると、
下の歯がうっすら顔を出してました。

この歯に関して、私たちが必至に我慢してること・・・・・・

娘にチューすること!

虫歯になるからという理由で、くちびるにチューはダメなんだって。

ある芸能人の方も、息子ちゃんにチューしたくて、したくて、
もう我慢できないってブログに書いてあったなー。
その気持ち、痛いほどわかるわー。

お母さんは、口にサランラップをつけて、
チューしたいと言ってます。

娘の最近のお気に入りiPadめがけて、
d0233283_2211168.jpg

ぶちゅー!
d0233283_2211745.jpg

Skypeで話してる時、パパのくちびるにも
チューしてあげる娘。
パパ、大喜び。

3歳になるまで、直接のチューはお預け。
ほっぺでがまん、がまん。

娘のファーストキスは、絶対にママが頂きます。
[PR]
出産前は、試着せず服を購入するなんてあり得なかった。
しつこいほど試着、それでも決心がつかずお取り置きしてもらうことも多々。

今は、そんな余裕、あるわけがない。
だから通販にはまりまくり。
実物を見て購入できないのは、ちょっと不安だけど、
商品が届く日が待ち遠しい。箱を開ける瞬間が楽しみ。
便利な世の中や~

ゴールデンウィークに行った梨花さんのお店「MAISON DE REEFUR」
オンラインショップで以下を購入。
d0233283_16371290.jpg

ママバッグ。少々お高めだったけど、
オープン記念限定商品となると、買わずにはいられない。
d0233283_16372641.jpg

ストライプのシャツ。
インド綿が柔らかくて着心地最高。
d0233283_16373323.jpg

おむつ入れ。おむつ替えシートにもなるみたい。
もったいなくて、まだ使ってない。
[PR]
娘の離乳食はまだ始めてません。
まだおっぱいだけで大丈夫と、
助産師さんに言ってもらったので、もう少し様子をみようと。
決して、面倒だから、という理由ではないのよ。
先日、ちゃんと離乳食教室にも行ってきましたし。
d0233283_1634757.jpg

私はかぼちゃの離乳食担当。
担当といっても、かぼちゃはすでに煮込んであったし、
牛乳は栄養士さんが注いでくれるし、
私は弱火にかけて鍋の中を混ぜるだけ。
それでも、ものすごく緊張した。

この日は、総勢20名くらいのママさんが参加されてました。
同じテーブルで調理した方々とおしゃべりできて、
とても楽しい時間でした。
また里帰りしたとき、会えると嬉しいな。

調理中、となりの託児所では、
保育士さんやボランティアの方が赤ちゃんの様子を見てくれてます。
授業が終わるころには、赤ちゃんの泣き声大合唱。
でも、ママの顔をみたらピタッと泣きやむ赤ちゃん。その姿がカワイイ!

私の娘はというと、母が一緒に来てくれてたので、
私を恋しがる様子もなく、母に抱かれて、ずーっと寝てたらしい。
私と母の区別がついてないんじゃない?ってくらい、
娘は母が大好き。だから、泣かないのは当たり前。
それに、その日、夜の12時から朝の7時まで起きてたんだから、
寝るのも当たり前。
d0233283_164672.jpg

「夜は眠くないんだから、しょうがないじゃない、ね、かあさん」

娘の昼夜逆転はいつなおるのでしょうか。
[PR]