<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夫、母、そして姪っ子の3人で、2回プールに行き、
行く度にすっごく楽しかったよー!と興奮気味におしえてくれる姪っ子。
そんなに楽しいの?・・・気になる、行ってみよう!
ということで、3回目は、私と娘も一緒に5人でプールへ。
娘、生まれて初めてのプールです。

こちらのプールの目玉は、ウォータースライダー。
いろんな色、傾斜、長さのウォータースライダーがあって、そりゃあ楽しいはず。
d0233283_030639.jpg

一番傾斜のあるこの黄色のウォータースライダーは、怖すぎでしょう!
それなのに、姪っ子は何度も挑戦、その勇気に脱帽。
d0233283_0304172.jpg

あ、また姪っ子、滑るの!?と思いきや、これは、私の母!
d0233283_0305218.jpg

滑った後、ばっしゃーん!
若さの秘訣は、このチャレンジ精神だと思う。
孫に一緒に滑ろうと誘われたら、断るわけにはいかないと、母。
私の娘に誘われたら、絶対に滑るよ!と、母・・・
d0233283_031284.jpg

娘自身が滑りたがらないと思う。かなりの怖がりです。
d0233283_0311338.jpg

寝てるのではなく、浅いプールと噴水におびえて、
頑なに目をつむってるだけなのです。
お風呂は大好きなんだけどね、何が怖いんだろう?
将来、どうなることやら・・・

久しぶりに水着を着て、自分のお腹まわりにショックを受けつつ、
私でも大丈夫そうな、ウォータースライダー2本滑って、ちょっと爽快な気分に。

プール楽しいよ!次回は楽しもうね、娘ちゃん!
[PR]
スイスはすっかり涼しくなりました。暑かった日が遠い昔のよう。
母と姪っ子と一緒に過ごした楽しい日々も、随分前のことに思え、寂しくなります。。。

さて、ヴェネツィア旅行の続き。
この旅行で、さらに仲良くなった姪っ子と娘っ子。
d0233283_4434144.jpg

鏡の前で、何やら楽しそうに遊んでます。
姪っ子には、娘と18日違いの弟くんがいるし、遊び方がとても上手。
d0233283_4433090.jpg

ホテルをチェックアウト後、周辺を散歩。
d0233283_4452595.jpg

あれ?この建物、見覚えが・・・やっぱり!
10年以上前に友達と泊まったホテルでした。
その時に夕食を食べた小さなレストランも発見。今も変わらず営業中。
何年たっても変わらないヴェネツィア。
d0233283_4484383.jpg

飛行機の時間までは、ホテルのロビーでまったり。
あ、娘は、まったりしてませんでした・・・
d0233283_4454135.jpg

ジンボリーの太鼓の練習してました、熱心やねー。
d0233283_4504012.jpg

ホテルのレストランで、ティラミスを食べる姪っ子。
好き嫌いがなく、何でも美味しそうに食べてくれる姪っ子なので、作り甲斐があります・・・
なーんてね、今回の滞在で、私は2回位しか料理しなかったけど(汗)
d0233283_4443894.jpg

あー、楽しかったね、イタリア旅行。
空港に着いたら、私たちの真似をしてスーツケースを押す娘。
d0233283_4444824.jpg

そして、ワンちゃんを見つけて、大喜び。

今回、母と姪っ子が来てくれたことで、話す言葉が一気に増えた娘っこ。
私と二人きりの時でも、もっと話しかけてあげないとね。
[PR]
ヴェネツィア滞在2日めも快晴、日差しが強烈。
この炎天下、歩くのはちょっとキツイ。
サン・マルコ広場までは、水上タクシーで移動することに。
d0233283_6145536.jpg

混み合ってましたわ~。
うっかり遠回りコースに乗ってしまい、時間がかかりましたわ~。
d0233283_6151357.jpg

見えてきました、サン・マルコ広場。
到着後、すぐさまレストランへ。
暑くて暑くて、一刻も早く涼みたかった私たち。
人気のオープンテラスではなく、
冷房の効いた屋内のテーブルに座らせて頂き。。。
d0233283_616071.jpg

ウェイターさんと記念撮影。とっても陽気で親切な方でした。
肝心なお味はというと・・・
d0233283_6161123.jpg

私と姪っ子の表情からは、分かりづらいかもしれませんが、
このレストラン、とっても美味しかった!
食べることに集中しすぎて、私たち、無の表情です。
d0233283_6162267.jpg

特にみんなで大絶賛したのが、このリゾット。
d0233283_6171153.jpg

美味しい昼食のあとは、サン・マルコ広場周辺を散策。
d0233283_6172621.jpg

小さな路地裏には、可愛いヴェネツィアン・グラスや仮面のお店。
d0233283_6231858.jpg

小運河に架かる、溜め息の橋。
かつて裁判所と牢獄を結ぶ役割をしていたもので、
橋をわたりながら囚人が溜め息をもらしたことから、この名前が付いたんだそう。

この頃、娘の眠気がピーク。
d0233283_6233325.jpg

そして、すぐ寝た。
夜もこんな風にすんなり寝てくれたら、どんなに楽か・・・
d0233283_6174431.jpg

サン・マルコ広場にも大勢の人。
d0233283_6175864.jpg

娘も寝たことだし、ここからホテルまでは日陰を選びつつ歩いて帰ることに。
d0233283_6182937.jpg

リアルト橋。ここから眺める景色、美しい。
d0233283_6184272.jpg

リアルト橋の両脇にはたくさんのお土産屋さんが並んでいて、
どこも魅力的だったけど、見てるヒマはなし。
橋を渡るため、娘が乗ってるストローラーを4人で担いで、わっしょい、わっしょい!
これは、かなりの注目を浴びました。
d0233283_619018.jpg

その後、二つ目くらいの小運河の橋を渡る頃に娘が起きて、みんなでハイ、チーズ。
d0233283_621231.jpg

娘が大好きなバイオリンの演奏も聞けました。

それにしても、この日のランチに食べたリゾット、パスタ、すべて美味しかった。
そのためだけに、今から飛行機に乗ってヴェネツィアに飛んでいきたいくらいです。
[PR]
家の近くに、動物園があります。
d0233283_84425.jpg

娘、リアクション薄っ。
まあ、入園料が無料だけあって、
やさしい、ゆるーい動物がメインなので仕方ないか。

この日、娘のリアクションが一番よかったのは、
誰かが連れていた白い大型犬でした。
真っ白な赤ちゃん犬も一緒で、娘、ワンワン、ワンワン!と興奮。
だったら、動物園来る必要ないじゃん、とツッコミたいところですが、
正直、私も一番興奮したのはこの白い犬でした(笑)


で、先週の日曜日は、有料の動物園へ。
一度だけ、ルイ君と一緒に来たことがありますが、
その時は、娘がまだ小さくて無反応。
d0233283_852475.jpg

大好きなかばのお尻を見て、
娘・・・・反応ゼロ。
お尻だけ見せられてもね、さ、次。
d0233283_854851.jpg

キリン、これは結構反応した。でも、怖いのか、すぐバイバイ。
d0233283_853553.jpg

魚、大興奮!いいねえ。その調子。
d0233283_85593.jpg

で、その後、ストローラーに自ら乗りたいと言い出し、すぐに寝た。
動物園で寝られると、親はどうしたら良いのやら・・・
とりあえず、私が記念撮影。

この日、家に戻ったら、絵本に出てるキリンやゾウを指さして、
喜んでいたので、良い思い出になったみたいです。

このところのスイスは、晴天が続き、気温も22度くらい。
この快適な陽気の間に、いっぱい行けたらいいね。
[PR]
イタリア旅行記の途中ですが、先週末、思いつきで行った小旅行の話を。

(ブログを更新しないまま時が過ぎ、お蔵入りになった写真が数知れず。
うちの専属カメラマンが悲しむんで、ちゃっちゃとブログに書きます)

さて、土曜日に行った場所はインターラーケン。
思いつきで行く場所じゃないだろうと思いつつ、
家を出たのが午後4時、到着したのが、午後5時40分。
時間も遅すぎるだろうと思いつつ・・・

d0233283_7394173.jpg

まだまだ日が長くて、こんなに明るい。
ヘーエマッテという緑の芝生の広場は、観光客のみなさんで賑わってました。
d0233283_741210.jpg

娘がたまに腰に手をあてて歩くのは、完全に私の真似。
産後の腰痛はすっかりよくなったけど、くせになってる(涙)
最近、なんでも私の真似をするので、なおさないと・・・

d0233283_7411455.jpg

空にはパラグライダー、気持ちよさそうね。でも、私には絶対に無理。
娘さん、足、よく上がってるねー。

さて、メインストリートをひと通り歩いたし、どうする?お茶する?
あるホテルに入ってみたけど、ロビーのカフェにはあまりひかれず、出ようとしたら、
エレベーター好きの娘がエレベーターに乗りたい!ボタンを押したい!と
駄々をこねだし、仕方なくエレベーターへ。
そこで、18階にパノラマビューのレストランがあることに気付いた。

d0233283_7412432.jpg

レストランからの眺め、最高!エレベーター好きの娘に感謝。
d0233283_7413569.jpg

ユングフラウの頂上は、雲に隠れてしまってるけど、まあ良しとしましょう。
d0233283_7414712.jpg

怖がりな娘、高いところは平気らしい。
私のほうが、ドキドキする。のり出さないでおくれ~
d0233283_7415844.jpg

このホテルのレストラン、本当に穴場スポット。おススメです。
ホテルの名前、なんだっけ!?
d0233283_7421037.jpg

娘、空に浮かぶパラグライダーに夢中。

思いつきで行った割には、結構楽しかったね。
[PR]
2泊3日旅行の行き先は、イタリアのヴェネツィア。
飛行時間は1時間ほどで、あっという間に到着。
空港からホテルまでは水上タクシーで移動。
運河に入るまでは、ものすごいスピードで揺れる、揺れる!
d0233283_20232083.jpg

絶叫系アトラクション何でも来いの母と姪っ子、ボートが動く前は笑顔だったけど、
揺れてる時はさすがに苦笑い。
d0233283_20234327.jpg

何でも怖がる娘は、ご覧のとおり半べそ状態。
私もめっちゃ怖かった。この水上タクシーこそ、シートベルトが必要だと思います。
d0233283_20241394.jpg

運河に入ると、ヴェネツィアの色鮮やかな景色が広がり、水上タクシーも悪くないなと思った瞬間。
水上タクシーに乗ったので、ゴンドラは乗らなくて良いんじゃない?とみんなの意見が一致。

あ、10年以上も前になるけど、友達とここに遊びに来たとき、
サッカー名波選手の試合を観るから、ゴンドラはやめとこうと決めたことを思い出したわ(笑)

d0233283_20242820.jpg

ホテルは、コネクティングルームに変更できたので、
みんなで広い部屋に宿泊。娘、大はしゃぎ。
d0233283_20244249.jpg

ホテルロビーでピアノの生演奏を聴いた後、夕暮れのヴェネツィアをお散歩。
d0233283_20245949.jpg

すれ違う人々に注目されつつ・・・
d0233283_9264824.jpg

踊りながら歩いてるから、注目されるのは当然。
d0233283_20251447.jpg

迷路のような小径が交差、迷子になるのもこれまた楽しい。
d0233283_20252714.jpg

ジェラート美味しかった~。
d0233283_20254330.jpg

夕食は、姪っ子がピザマルゲリータ、母はヴォンゴレパスタをチョイス、二人とも大正解。
d0233283_2025593.jpg

私が頼んだのは、カルボナーラ。。。これが、何だかふつーの味でがっかり(涙)
明日は、美味しいカルボナーラに出合えますように、と願いながらホテルに戻りました。

続く。
[PR]
d0233283_305926.jpg

この日みんなで訪れたのは、フランスのミュルーズ。
観光スポットはそれほど多くないけど、
お店が割と揃ってるし、街並みもきれいなので、最近よく来てます。
d0233283_304792.jpg

前日の雨で、空気が入れ替わり、清々しい陽気。青空がとってもきれい。

ミュルーズに来た目的は、パリのZARAで母に買ってもらった子供服のサイズ交換。
一か月以内、同じ国であれば、どこのお店でも交換してくれます。
d0233283_312125.jpg

ここはプチバトー、先日来たばかり。
前回も今回も、床に描かれている、星と魚の絵に大興奮する娘。
なぜまた来たかというと、ストラスブールのプチバトーで買った服を、サイズ交換してもらうため。
子供服に記載されている年齢通りに買うとサイズが合わないことがよくあります。
娘っこが小柄なこともあるけど、
1歳半でこんな足の長い子いる!?みたいなズボンとか、普通に売ってます。
d0233283_311067.jpg

さあ、次は、ミュルーズの大型スーパーへ。
d0233283_443097.jpg

あらら、娘さん、ブロンドヘアの男の子と運命の出会い!?
このインテリアショップ、リーズナブルなお値段で、
かわいい雑貨が買えるので、よく利用します。
d0233283_4431983.jpg

さあさあ、用事は全部済ませたし、帰ってパッキングしよう。2泊3日の旅行が待ってるよ。
[PR]
パリに行ったのは7月27日で最高気温が31度、
その翌日は26度と、それほど暑くもなく快適でした。
一方、27日のスイスは37度まで上がったらしく、日本でいう猛暑日、
山越えのフェーンがかなりきいていたようです。

37度という数字にびっくりしたけど、日本はもっと暑いんですよね(汗)
四万十市で41度、6年ぶりに暑さの記録更新。
岐阜の多治見で40,9度まで上がった時、
暑くなった原因をフリップにして解説したことを思い出しました。

最高気温が30度以上、35度以上を、それぞれ真夏日、猛暑日、
40度以上を表現する言葉も近々できるのかも・・・もうすでにできてたりして!?
気象の仕事からすっかり遠ざかり、浦島太郎状態。。。

さて、私たちがスイスに戻ってきた翌日は、シトシト雨。
気温も下がって、涼しいくらいの日でした。この気温差も、結構体にこたえる。

この日の午前中、私の母、姪っこ、そして夫、この3人でプールへ。
よく考えたら、変な組み合わせ(笑)
私と娘は、家で留守番。午後、ジンボリーがあったので。
d0233283_2202517.jpg

教室に着くと、この日の参加者は私たちのみ。雨だし、夏休み真っ最中だし、仕方ないか。
ジンボリーでプライベートレッスンは、ちょっとキツイ。
でも、先生が熱心におしえてくれました。
d0233283_2205014.jpg

途中、フリージムに遊びに来てた男の子がちょこっとだけ参加してくれて、娘も嬉しそう。
d0233283_2211542.jpg

お片付けしたり、ドラムを転がしたり、音楽に合わせて踊ったり、
母やパパに良いところを見せようと、いつも以上に頑張った娘ちゃんでした。
[PR]
パリ旅行2日めは、シャンゼリゼ通り、凱旋門前からスタート。
d0233283_19384612.jpg
http://akarinrin.exblog.jp/13814193/
以前、弟(つまりは、姪っ子の父)、母とシャンゼリゼ通りを歩く写真を載せたけど、
同じような後ろ姿が笑ける。それに、今回は弟の娘と私の娘を連れてる、何かウケる。
d0233283_19383350.jpg

娘、眠そう。昼間のあくびは、本当に眠いとき。
d0233283_19385934.jpg

前回来たときもそうだったけど、ラデュレに入ると、あっという間に寝る。
マカロンの甘い香りが眠りを誘うのか!?
娘が昼寝中、ムール貝の美味しいレストランで昼食。
d0233283_19552612.jpg

TGV出発までは、ホテルのロビーでまったり・・・してるのは、私だけ。
姪っ子の後ろには、母の後ろ姿。
階段をのぼってる娘の相手をしてくれてます。
d0233283_19393910.jpg

TGVの中で、夏休みの宿題をする姪っ子。えらいねー。
それをじゃまする娘っこ。鉛筆、消しゴム、ふでばこ、ノート、
こっこが持ってるもの、すべてを欲しがります。
d0233283_1953589.jpg

イイ顔してーというと、この表情。
なんやかんやしてたら、あっという間に到着。
急きょ決めた1泊2日のパリ旅行。有意義に過ごせました。

スイスほど暑くなかったパリ滞在と冷房がガンガンにきいたホテル宿泊で、
娘の汗疹はきれいさっぱりなくなりました。正直なもんね。
[PR]
「こっこ(→姪っ子)、お土産は何を買う?」

「エッフェル塔好きな友達がいるから、エッフェル塔のお土産を買いたい」

「こっこも、エッフェル塔好き?見たい?」

「うん!見たい!」

かわいいかわいい姪っ子の望みは何だってかなえてあげたいんだよね、我ながら伯母バカ~^^

よって、当初予定になかったパリ行きを決行。
TGVのチケットもホテルもすんなりとれて、翌日出発。
d0233283_5342029.jpg

娘っこがTGVに乗るのは、生まれて初めて。
いつもより早く起こされて機嫌も悪く、ぐずぐず。
30分ほどしたら寝てくれたので助かった。
d0233283_534351.jpg

んでもって、無事到着~
ボンジュール!エッフェルさん。
最近の娘っこの得意なポーズは足をクロス。
d0233283_5345156.jpg

そして、みんなに真似しろと指示します。
d0233283_535348.jpg

全員で足クロスのポーズ。

この日の夕食はホテル近くのイタリアン。
d0233283_5351578.jpg

カルボナーラにチーズをたっぷりかける姪っこ、笑顔がイイね。
私はリゾット。以前より増して、お米好きです。
d0233283_5352753.jpg

いつもだと娘がうろちょろしてゆっくり外食できないけど、
この時は意外とイイ子にしてました。母と姪っこがいっぱい遊んでくれたもんね。
d0233283_5353855.jpg

エッフェルさん、夏も冬も、昼も夜も、いつだって感動する。
夜のイルミネーションは、ホテルの前から見ました。
娘さん、大きなあくび。だからといって、すぐには寝てくれない。
d0233283_536126.jpg

通りすがりの陽気なフランス人カップルと一緒に記念撮影。
この人たち誰?といった表情の娘。。。確かに、誰!?

急に決めたパリ旅行、一日目が無事に終了。
[PR]