<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アイスランド滞在2日目にして、念願のオーロラを観ることができたし、
残り2日は、ホテルでのんびり・・・
なんて思わない欲張りな私、最後の夜も再びオーロラ鑑賞へ出発。

オーロラ鑑賞には、ガイドさんと一緒に行くバスツアーが一般的だけど、
私たちは自分たちだけでレンタカー移動、オーロラ予報、天気予報をチェックしながら、
自力でオーロラが観られそうなスポットを探しました。

夜8時、目的地に到着、
空には星が輝き、風もそれほど強くはなく、これは絶対に観られるだろうと、
空を眺めること4時間・・・・オーロラ出現の気配、まったくなし。

頑張って起きていた娘も、車の中で熟睡。

そうだよね、そう何回も、簡単には観られないよね。
欲張り過ぎたね。帰ろ、帰ろと、
諦めてホテルに戻っている途中、
夫が「あ、あれ、もしかして・・・」と、空に一本のラインを発見。
一夜目と違って、爆発的出現とはいかなかったけど、
待ちに待ったオーロラの出現に、感動で涙が!

オーロラの壮大な美しさは、何とも表現しがたいのだけど、
ちょっと不気味さもあって、そこがまた神秘的でした。

粘った甲斐があったわー。

2夜目のオーロラの写真も、一応載せます。
d0233283_2224225.jpg

d0233283_223848.jpg
d0233283_223297.jpg

アラビア文字のようなオーロラ。

ここ、アイスランドは、
暖流の影響で、他のオーロラで有名な国に比べたら、
それほど、寒くなく、オーロラを鑑賞できることで人気。
確かに、私たちが滞在したときも、
日中は氷点下1、2度、夜も、下がって氷点下7度くらいでした・・・
・・・ま、といっても、そりゃあ寒かったですよ。

でも、寒さに耐えてでも、オーロラは観る価値あり。
最高の思い出ができました。
[PR]
2月27日から4泊5日で、アイスランドに行って来ました。

旅の目的は、「オーロラ鑑賞」

4泊5日の滞在中、ラッキーな事に2夜オーロラを観ることができたのだけど、
特に一夜目は、爆発的にオーロラが出現する日だったようで、
首都「レイキャヴィック」の、どこにいても観ることができました。
車で移動中、信号待ちしてる時には、ビルの谷間、
山の中、灯台、さまざまな場所から。

それはそれは、感動でした。

これ以上の感動をこの先味わえるだろうか?と思うくらい、
感動しました。

娘も、「オーロラ、きれいだったねー、みどりだったねー」と、
時間が経った今でも、ずっと思い出話をするほど。

残念だったのは、うまくカメラにおさめられなかったこと。
一眼レフを持っていても、腕がなければ、良い写真は撮れない(涙)

オーロラの素晴らしさを、うまくとらえてないけど、
とりあえず、写真を載せます。
本当はもっともっとすごかったんですよ^^;

d0233283_061641.jpg

空を見上げていると、突如、すーっと線が出現、それが、オーロラのサイン。
d0233283_063836.jpg

d0233283_07387.jpg

まさに光のカーテン!!・・・なんだけど、写真ではわかりづらいですね。
d0233283_072954.jpg

d0233283_01213.jpg

オーロラと一緒に記念撮影、ぶれてまーす。
d0233283_0122913.jpg


・・・もう一度言います、オーロラ、本当にすごかったんですよー!
写真の勉強しなきゃ(汗)
[PR]
世界最大といわれる時計と宝石の見本市、バーゼルワールド。
お友達ファミリーに誘って頂き、この度初めて行って来ました!
d0233283_1831221.jpg

煌びやかな世界に、私、大興奮ですわ。
d0233283_18304412.jpg

美女たちと写真も撮ってもらったりして♡♡♡
彼女たちの美貌、背の高さ、すべてにおいて、同じ人間とは思えませんね。

今回、先ずは、パパ二人が会場へ。
その間、ママたちはお子ちゃんたちとお留守番。
パパたちが戻ってきたら、
今度はパパたちがお子ちゃんたちの面倒を見て、ママたちが会場へ。

今まで、娘と離れて出かけたことがなくて、
この初めての試みにちょっとドキドキ。。。
(娘、私がいなくて泣いてないかな?とか気になっちゃって・・・)

・・・いやぁー、初の試み、大成功!

もちろん、娘と離れて寂しかったけど
(娘も、昼寝から起きた時にママがいなくて、ちょっぴり泣いたみたいだけど)
時には、こういうのも、リフレッシュできて良いなあと思いました。

華やかな世界を垣間見て、一気に物欲が!!!
といっても、お高い時計や宝石は買えませーん(笑)

d0233283_18311492.jpg

すてきな経験をさせてもらった後は、
誘って頂いたお友達のおうちで、
お食事までご馳走になってしまいました。
d0233283_18312277.jpg

とっても、幸せな一日でした。
お友達ファミリー、素敵な体験と美味しい夕食をありがとう!
[PR]